スマートフォンの水没に気をつけよう

公開日: 

 スマートフォンが便利であるあまり「何もそんなところで使わなくても」という場所で、スマートフォンを使ってしまうことがあります。その中でも多いのは、何と言ってもトイレではないでしょうか?個室トイレに入っているとき、用を足しながらのんびりとスマートフォンを閲覧するということは、誰もが身に覚えがあるはずです。ただ、そんなときに気をつけなければいけないのは、スマートフォンの水没です。スマートフォンは防水機能に対応していない機種もあるため、水没させてしまうとそれで使えなくなってしまう恐れがあります。

 水没させた後の対処方法によっては復活する場合もあるようですが、防水機能が施されていないと厳しいのは言うまでもありません。電池パックを乾かしてきちんと拭けば元通りになる可能性はありますが、ダメそうなら修理出すか買い替えるなりを考えなければいけません。

 同じようなことですが、洗濯のときもスマートフォンを服からきちんと取り出しているかどうか確認をしなければならないです。シャツのちょっとしたポケットに入れたまま洗濯を始めてしまえば、あえなく水没して再起不能になってしまうトラブルも考えられます。

 また、雨の日にも注意が必要です。外でスマートフォンを操作したら手が滑って水たまりに落としてしまったなど、水没の恐れは何もトイレや洗濯のときだけとは限りません。雨の日は意外なところにも水たまりができていたりしますので、屋外ではなるべく操作しないように心がけたほうが無難であることに間違いはないです。

 どのシチュエーションでも言えることですが、スマートフォンに気を取られていると水の被害に遭いやすいということです。それでスマートフォンをダメにしてしまってはとても大きな出費になってしまいますし、日ごろから注意をしていなければいけません。スマートフォンの水没は注意さえしていればかなりの確率で防げますので、そうならないように気を配ることが大事です。

PAGE TOP ↑