スマートフォンのソフトウェアの開発が人気な理由

公開日: 

最近ではパソコン用よりもスマートフォンで利用するソフトウェアの開発が盛んです。パソコンに代わって高機能型の携帯電話を利用する人が増えたので当然の結果だと言えます。しかしスマートフォンの普及率が高くても、ソフトウェアの開発で利益を得られる仕組みが存在しなければ、現状の流行はあり得なかったのです。スマートフォンのソフトウェアの開発サービスが人気なのは、購入を見込める顧客が多いのとソフトウェアの所有権を販売しなくてもいいからだと言われています。ソフトウェアの所有権を販売すると、販売サービスを実施している存在は同じ顧客から利益を得られません。なぜなら顧客は所有権を獲得したので、新たにソフトウェアを購入する必要性がないからです。ソフトウェアが記録されているデータディスクの複製も簡単であるため、リスクマネジメントのために複製しておくという方法もあります。つまり売り切り型のビジネスは、苦労の割に得られる利益が小さいのです。しかしサーバーにアクセスしてソフトウェアを利用するタイプなら、開発したソフトウェアの所有権を獲得する術はありません。ユーザーがソフトを使用したいと考えたなら、アクセス権を継続的に購入する必要があります。つまり企業は継続的に利益を得られるため、経営活動を安定させられるのです。このやり方はインターネット通信が確立されている事が必要なので、スマートフォンの様な常にインターネット接続出来る端末が最適だと言われています。以上の理由からスマートフォンのアプリケーション開発が流行しているのです。しかし従来型の携帯電話ではこのやり方は難しかったと言われています。スペックが足りなかったという理由もありますが、それ以上に様々なソフトウェアを導入する態勢が整っていなかったからです。それに対して高機能型の携帯電話は、基本ソフトであるOSが搭載されています。つまりパソコンと同じ感覚で利用出来るため、様々なアプリケーションを利用出来るのも当然です。

PAGE TOP ↑