性格診断は母親よりコンピューターの方が正確?

公開日:  最終更新日:2015/10/10

性格診断は母親よりコンピューターの方が正確なのかという記事タイトルが目に留まりました。フェイスブックの「いいね!」を分析したところ、コンピューターの方が人間よりも人の性格診断ができるということがわかったというのです。
そういうものなのかもしれませんね。フェイスブックやツイッターのようなSNSを分析することにより、その人の性格が浮き彫りになるものなのかもしれません。ということであるのなら、そのフェイスブックを分析した性格診断というものが、これからの主流になることも考えられますね。
コンピューターを使って人の性格を診断するというものは、これまでもいろいろとあったのだと思いますが、フェイスブックの「いいね!」で分析したものが正確だというのは面白いものだと感じます。
さらに興味深いのは、フェイスブックの「いいね!」10個分のデータを分析すると、その人の同僚よりも高い分析精度が出せるのだそうですよ。そして、70個分の「いいね!」を分析すればその人の友人よりも高い正確性があるのだそうです。さらに、250個の「いいね!」を集めることで、配偶者よりもその人の性格を診断できるというのです。面白いですよね。
フェイスブックの「いいね!」を250個集めて分析するようなサービスができれば、その分析を利用して結婚などのマッチングサービスを展開することができるかもしれません。ものすごい確率で相性がわかるということも考えられます。また、就職の採用や、新入社員の数育などでも性格を診断するために使うようになることもあるかもしれませんね。
フェイスブックのようにインターネットを利用したサービスですから、だれでも「いいね!」データを収集できてしまうわけで、そうなると、知らないうちに自分の性格を分析されて悪用されたりするなどということにも気をつけなくてはいけなくなったりすることも…。性格を把握されて、新手の詐欺などに利用されたりしないように気をつけなくてはいけません。そうなると、「いいね!」などと言っている場合じゃないですね。

PAGE TOP ↑